月別アーカイブ: 2014年12月

ステッカーと缶バッジ

最近はオリジナルステッカーの制作と缶バッジの制作にも力を入れています。

Tシャツのプリントというのはこの時期少しさみしいというのもあるんですけどね。

ステッカーや缶バッジは比較的に時期による需要の幅というのが少ないように感じます。特に缶バッジはブームとも言えるニーズを感じています。

缶バッジはコミケなんかでも列をつくってもとめる方が多いようです。痛バックという缶バッジをバッグの部分がみえないくらいにつける文化のようなものも流行っているからですかね。

ステッカーに関しては季節の波をそこまで感じないアイテムと言えます。

ステッカー 作成

今はステッカーの作成にしても缶バッジの作成にしてもWEBでとことんまで露出をがんばって受注をとれるようにしていきたいと思います。

ステッカーも缶バッジもアイテムの品質と価格に関してはけっこう自信ありなので!

大いびきにびっくりしました。日ごろの交通手段でバスを利用しています。

この前は、久しぶりに遠出をして洋服を買いに行ったんです。

丁度バーゲンもやっていて、目当ての服も買えたし、ちょっと贅沢しておいしいものも食べられたし満足して帰ろうと思って、バスターミナルへ行きました。

待合室に入った瞬間、なんかおかしいなと思ったんです。変な声が聞こえるなと思ったら室内中にいびきが響いていたんです。

けっこう込んでいたんですけど、ベンチに横たわっておじさんが寝ていました。足元には発泡酒の空き缶があって、飲んで寝ちゃったんだなと思いました。

座れる場所がそこしかなかったんで、眠っているおじさんの近くに座りました。おじさんは気持ち良さそうに寝ていて、グーグー響き渡るいびきがなんかちょっと面白くなってしまいました。

待合室には女性のバスの事務員さんがいましたか、起こさないのかななんて思っていました。

私が乗るバスがもうすぐ来る時間だったので、準備をしていたら事務員さんが起こしに来たんです。どうやら私と同じバスに乗るみたいです。

バスに乗り込むと、おじさんは私よりも後ろの席に座りました。寝ているかは分からなかったけど、ときどき何か言っているのが聞こえてきてちょっとドキドキしてしまいました。

目的の場所で降りれるのかなと思っていたら、私よりも先に目的地で降りていって、人事なのにちょっとホッとしてしまいました。

 

あまりやれステッカーだ缶バッジだとアイテムのことばかり書くとブログとして機能しなくなってしまうのでこうしたプライベートのこともおりまぜながら隙間に缶バッジのことなどをプレゼンしていけたらいいな、なんて考えています。

 

さて本日も制作がんばります!

Tシャツ 印刷

イスラム国で、仕返しか

イスラム国がyou tubeで公開している、アメリカ人、イギリス人の記者の映像ですが、さすがに酷い部分はカットされています。

それぞれが発言しているVTRのところは、公開されていて、英語で記者が話したあと、イスラム国の黒い服を着た人間が、 現地の言葉で話しています。 記者はとりわけ怖がっているような様子はなく、毅然としているのが印象的です。 ああいった場面では逃げも隠れもできない、周辺は砂漠です。

きっと度胸があるのでしょうが、記者の仕事は海外の治安の悪化したところへ出かけて取材するといった危険な仕事を伴っているのが よくわかります。

武装したのは、ロンドン出身のラッパーのようで、バリーとされています。 そうなる前には、ロンドンからシリアに移動して、すべてを捨てたといって、武装するようになったということです。

アメリカやイギリスを憎むようになったのには原因があって、そのバリーの家族がテロと疑われたことにあります。 実際にテロなのかどうかわからないのに、勝手に疑われてしまった、それで不信に思って憎むようになったわけです。 アフガニスタンに友人がおり、イギリスの過激派組織にかかわるようになりました。 どっちが悪いのかわからないような争いです。

Tシャツ 印刷