オリジナル缶バッジが熱い!

モノづくりの街台東区からお伝えしております。Tシャツプリントブログですが、今日は缶バッジについてお話しさせていただきます。

弊社はもともと社長がオリジナル缶バッジを友達のバンドマン相手に作り始めたことが起業のきっかけとなっています。

ということで缶バッジの事業が売上金額的にはもっとも大きな事業となっていまして、そのあたりはまだしばらく続くでしょう。

弊社の缶バッジ担当の人間はなかなかツワモノぞろいですから。

缶バッジ、まさしくもっともポピュラーなノベルティグッズと言ってよいのではないかというほどのアイテムですがつくりかたに関しては以外と知られていませんよね。

オリジナル缶バッジの作り方としては主に2通りの作り方があります。

1つは印刷用紙と金属パーツを透明フィルムでくるむタイプの缶バッジ

1つは金属パーツに直接印刷を施すタイプの缶バッジ

オリジナルTシャツ

前者をくるみタイプ、紙巻タイプなどと呼び、後者をブリキダイレクト印刷タイプ、と一般的には呼びます。

弊社ではどちらもあつかっています。

それぞれに特徴と特性があるので説明したいのですが、少し時間がなくなってきてしまいましたので今日はこの辺で。

最近協力会社さんがあたらしく缶バッジサイトをリニューアルして、それがまたとても素敵なので紹介させていただきます。

オリジナル缶バッジ

よし、今日も楽しく過ごします!

Tシャツのプリントはありがたいことに盛り返してきました。従業員一同心を込めてプリントいたします<(_ _)>